読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どのように自分だけのクライアントを探すのか。

これはとてもよく聞く質問です。この問いかけをしない翻訳者は絶対にいないでしょう。私もこの仕事を初めてからすぐにこの事について考えるようになりました。そして答えを探すのに数年かかりましたが、それでも本当に正しい答えはわかりません。しかし、他…

Nommo Translate – 言葉の障壁を取り除く

Nommo Translateアプリは、ユーザーが使用しやすいシンプルなインターフェースを通して異なる言語間で翻訳と通訳を提供するためにデザイン、開発されました。言葉の障壁を取り除くという試みにおいて、Nommo TranslateアプリはアンドロイドまたはiPhoneユー…

英語を「自動貯蔵」できるレベルに達する

ちなみに、言語の習得においても一般的な認識の原理 高レベルの内容が理解できれば、それより低レベルの内容はおのずと習得できるという法則が当てはまる。二次方程式を解ける人は足し算も簡単にこなせるのである。したがって最初からむずかしいものに挑戦す…

テレビドラマや討論番組も教材にピッタリ

さて、この第四ステップで、映画以外に使用できそうな教材をあげておけば、登場人物が決まっていて、似たような状況がくり返されるシリーズもののテレビドラマなどもいいだろう。映画のビデオをある程度見たあとなら、こうしたものを活用するのも効果的であ…

なにげない場面にこそ文化が宿っている

しかし映画を見ながら、その背景に一国の文化を読み取るのはそれほど簡単なことではない。ストーリーを追うのに忙しくて、細部まで観賞する余裕がないことも、その理由の一つである。また、さまざまな場面に見られる彼らの日常生活の姿はたいてい非常に自然…

日常生活を通じて言葉と文化の理解も深まる

いたずらに危険視するばかりでは、その国の文化を真に理解することはできないものだ。また、いったんそれを理解できれば、恐れる要素など何もないことがわかる。そして、文化の埋解とは言葉をマスターしていくことで深まるのだし、その生きた言葉を学ぶには…

国内にいても生きた英語が十分身につく

文化といっしょに言語を学ぶべきだといったが、国内でそれを習うかぎり、英語圏の文化を通じて英語を習得することは不可能ではないか という意見もあろう。いっけん筋の通った考えだが、じつはまったくそんなことはないのである。同様に、外国語は幼少期に学…

言葉には「文化的な意味」もある

英語で悩みや相談事を話していると、不思議に感じられることがある。韓国語で表現しようとすると複雑でむずかしくなってしまう内容のことでも、英語を使うと、じつに単純に伝えられるケースがあることである。ときには結論さえすぐに導き出せてしまう。これ…

英語が「外国語」から「第二母国語」になる

この第四ステップを実践するうちに、英語が「自己発展」する現象が起こる。目に入り、耳に聞こえるすべての英語が、頭の中に用意された「英語の部屋」に自動的に入力され、自動分類されて、貯蔵されるのである。その後、あなたの英語力は自分でもびっくりす…

英語でリアルな感情表現もできる段階

「その感情移入を、今回、映画で英語を学びながら何度か経験しました。男性が話すときはそうでもないのですが、ヒロインが話しているある瞬間に、『あ、これはまさに私がいいたいことだ』と、ふと感じることがあったんです」 登場人物への感情移入-‐-英語…

マイクロRNAは骨と軟骨の形成を調節

概要低分子クラスの非コード1本鎖RNAであるマイクロRNA(miRNA)は、標的遺伝子の特定配列に結合して転写後の遺伝子発現を調節するため、生物の発生と疾患発現の重要な調節因子として認識されている。また、miRNAの中には骨芽細胞や破骨細胞、または軟骨細胞の…

分子生物学:癌研究

「癌研究はいよ変わりつつある。基本から変わりつつあるんだ。分子生物学や分子遺伝学がすすむにつれて、いままでと違った見方が出てきた。その中でも細胞周期(cell cycle)の動きが大きいと思う。細胞周期が遺伝子によってうよく調節されていることがわかっ…

アメリカに恩を返さない日本の研究者

クラモチさんに本当にお伺いしたいのは、バイオサイエンスについてだけど、参事官殿にとっては、個々のことより大局が大切である。クリントン大統領のお話、日本の科 学技術基本法のお話、科学技術庁が脳研究を推進するお話を伺った。けど、小市民小研究者の…

オーラルゲノムプロジェクト

「それから、オーラルゲノムプロジェクトもおもしろい。形態形成で最もインパクトが強いんは、ヒトの場合、顔や。顔の造りがどーたらこーたら、人はずいぷんと気にし はりますな。ところが、顔面の形態形成のメカニズムの研究は、いよまでほとんどやられてな…

研究室のヨシ・ヤマダ博士

最先端はチップ・テクノロジーやね 「最先端は, DNAの“チップ・テクノロジー”やね」マイクロアレーちゅうテクノロジーやね。遺伝子の発現パターンを一網打尽につかまえて、いっぺんに解析してしまうテ クノロジーや。例えば、癌細胞と正常細胞の全部のmRNAの…

物理出身のバイオ研究者

「どんなことでもいいですか」、と最近のバイオサイエンスの動向を聞いてみた。 大きな耳をさらに大きくさせて、「最近ますますNIHが住みにくくなってきた。せちがらくなった これはNIHの外の世間一般がせちがらくなったせいで、その影響だと思 うけど。例…

分子生物学

「そりゃ、モレキュラー・バイオロジーでしよ」とズバリ一言 この人が20代の大学院生だったころから知っている。そのころから個性的な人である。ます顔が大きい。そして、眼がギョロリとしている。耳が大きい。何となく牛に似てい て、昔のあだ名はキュー…

日本人なら日本を愛するのは当然でしょう

「研究者の人生観にも最近コ可か変化はありますか?」、と聞いてみた。 「ワタクシは、団塊の世代と若い人の間の“はざかい期"世代です、団塊の世代は、 日本の高度成長を支え、世界に負けない日本の科学体制をつくろうと、アメリカに ポスドクとして学びにきま…

医局はヤクザの“組”

「アメリカの研究者社会で最近何か変化を感じることがありますかワ」、と伺った。 「正確さは6~7割ですが、ビル・クリントンはNIHをしめっけようとしてます。いままで生物医学研究に莫大な投資をしてきましたけど、その見返りが少なすぎよした。例 えば厂‘癌…

プロテオグリカンの分子生物学,医学部病理学出身、

30代後半男性 神経科学がいいようです 「やりたいことがあっても、技術がなければ、研究はできません。日本にいたとき、ワタクシは分子生物学を十分学んでいなかったので、研究の視野が狭くなっていまし た。それで、技術をたくさん習得しようと思ってアメリ…

「アメリカに家を買うと日本に帰れる」というジンクス

「本当はネー、日本に帰りたかったんですよ」、と野水さんはおっしゃる。 「NIHには8年ルールというのがあって、8年たったら、NIHテニュア(NIHの終身在職権)をとってNIHに残るか、そうじゃなければ出ていかなきゃならないんです。NIHテニュ アをとろうとした…

コンビナトリアル・ケミストリー

野水さんの研究分野は有機化学のペプチド化学である。 「現在の私の研究どんどんバイオロジーに向かっています。化学物質そのものの研究から、化学物質を感じる動物細胞表面のレセプター、細胞表面のレセプターから細胞内シ グナル、細胞内シグナルから核、と…

NIHのカラオケ大会

「私はソーシャルワーカーですよJ NH30号館4階の図書室で友人を待っていたら、初対面の野水基義さんが話しかけてきた。小太りで二コニコした気のよさそうな人である。あごのあたりに少し無精ヒゲをは やしている。 「NIHにいる日本人研究者の一番大きな団体…

成功したいなら1週間に70~80時間働く

スーザン夫人が炒めてくれた大きなエビを食べながら、「どんな調査研究をしているの?」、とケンが聞く。 「ウ~ン」自分でもまだよくつかめていない。そのころは暗中模索だったのである。 話題がポスドクの研究姿勢に移っていった。 「そういえば、あるころから…

ポスドクの年収

ケンの住むベセスダはワシントンD.C.の中心から地下鉄で30分ぐらいのところにある 日本でいえば、杉並区あたりに住んでいることになる。東京とはどえらい差である。 ワシントンDC郊外は驚くほど緑が多い。野生動物もまだまだたくさん棲んでいるのだ。 室…

バイオ研究の倫理

実験動物を使わざるをえない状況の「バイオ」研究者と大学院生、そして、動物実習で解剖をしたりさせられたりする学部生は、動物実験をどう思っているのであろうか。動 物実験の倫理についての教育を一切受けてこなかった。それで、どう対処していいかわから…

実験動物の無益な殺生

大学院生のとき筋肉タンパク質を必要とした折りに、指導教官の指示に従って、生きたウサギを暴れないように押さえつけ、大きな包丁で断頭し、新鮮な筋肉を取り出したこ とがある。精神的にはかなりのストレスであった。その後、教官として学生を指導する立場…

英文論文の大半は一度も引用されない

いままで主に物理学者の唱える研究倫理についてふれてきたが、「バイオ」の研究倫理でも実はかなり深刻な問題が表明されている。[バイオ]の実験研究をする際の 倫理について最近いくつもの著書が出版された。 しかし、全体を論じることはしないで、身近な…

科学者にも責任がある

宇宙物理学者の池内了(名古屋大学教授)は科学研究者の倫理観に鋭敏なセンスをもっている。 池内は、阪神・淡路大震災で5500人以上の死者が出たその「結果責任」は、地震学者、都市工学者などにもあるとしている 地震学者は、「関西には地震が起こらな…

遺伝子は誰のものか?

例えば、次のような話がある5)。カナダのトロント大学の遺伝学者ザーメルの率いる研究チームは力リフォルニアのスィークエナ・セラビューティック社から資金をもらって大西洋 に浮かぶトリスタン・ダ・クンハという小島にやってきた。なお、スィークエナ・…

バイオテク世紀がくるのか?

カリフォルニア大学ロサンゼルス校のキャンパス内にアッカーマッスホールという大学生協みたいなところがある。そこの大きな本屋さんで、ジェレミー・リフキンの『ハイテク・ センテュUT』5)という本を見つけた。買おうとしてレジにもっていくと、40代…

NIHでのセクハラ講習会

「摩擦を恐れ、力を恐れ、物言わぬ」人間 1998年夏にアメリカ・NIH客員研究員として滞在したとき、研究を始めてすぐに引き受け手であるNIHの研究部長が対処したことが3つあった。 第1は、A4紙1枚にプリントされた10項目のルールである。 部長がいう…

独自の価値基準や倫理基準のない日本の科学界

ワシントンのアパートで、日曜日の朝に、ソフアにひっくり返ってテレビを見ている。ハクラク家のテレビは4つのチャンネルしか入らないが、そのうち3つが日本では見かけない番 組を放映している。5チャンネルでは大きな会場に大勢の人が椅子に腰かけている…

将来飛躍する科学技術とは

「空想科学小説みたいなバカげた話をバイオ研究にもちこむな」という、読者もいるかもしれない。そこで、権威のありそうな最新の本をさがしてきた。『今後20年間に科学 技術は人間生活をどう変えるか』という1997年出版の本である。298ページもの英…

奇想天外な科学研究

話が夢のない方向へ流れてしまった。若い研究者を鼓舞しなくてはイケナイ。ここで1つ、画期的な話をしよう。例えば「ヒトの精子をチンパンジーの卵子に受精させて、チンパンジ ーに生ませた子は、ヒトかチンパンジーか新しい生物種か?」。 こういう実験は…

研究はデータベースつくり?

空調のきいた快適な家に住み、食べ物は十分にあって、過酷な肉体労働はない。痛いとか苦しいという病気もおおむね治せる。社会問題(犯罪、不正、局地戦争など)はあるけれど 、日常生活のうえで「必要」なことは満たされている。これがおおもね、日本を含め…

チンパンジーとヒトの子をつくりますか?

ワシントンに点在するスミソニアン博物館は、どこも無料である。航空宇宙博物館、自然史博物館、国立美術館など、どれも世界のトップレベルのすばらしい博物館である そ の1二つにワシントン動物園がある。もちろん、ここも無料で入れる。しかも日本の上野…

アメリカで財布を拾う恐怖

NIHにいくためワシントンDC郊外の街の公道を歩いていて、財布を拾った。朝8時ごろである クルマはビュンビュン走っているが、歩いている人はほとんどいない公道だった。財布 からドル紙幣が顔を出していた。無視したほうがよかったかもしれないけど、手に取…

日本の大学教授の給料は安い

とは言ってみたものの、以上のデータはアメリカのデータだ。というわけで、日本のデータも少しだけ書いてみよう。ます、鷲田小弥太先生は以下のように言っておられる4)。 「はっきり言って、(大学教官の)給料は安い」 「大学教官の給与は20~30代が想…

研究者に対する世間の評価は低い

1996年のアメリカの世論調査によれば、科学技術で重要な発見・発明をした人を、アメリカ社会は適正に評価していない。まともに評価していると思ってるアメリカ人は22人 しかいない。一方、過小評価だと思ってる人は74%もいるのである。芸能界やスポーツ…

コンピュータ屋さんに失業なし

他の科学技術分野に比べて年収が少しぐらい低くてもソコソコの仕事があって、安定した生活が営めればそれでいいとしよう アメリカのライフサイエンス分野で博士号をとった人の98%は就職できる。31.6%はポスドクになっている。動いている人の87%はライ…

理系の修士号はマイナス・イメージ

話が医学系に偏りすぎてしまった。もう少し幅広い範囲でみてみよう。まず、理系出身者の実際の初任給(年収)をもう少し詳しく調べてみた。1997年7月のアメリカのデータである。ウーム、生物科学を専攻して大学を出ても、年収は低いほうから数えた|まう…

M.D.は日本とアメリカで異なる

日本では高校を卒業すると、大学の医学部に入学できる。医学部入学者には浪人が多いので、入学者の平均年齢は多分19歳ぐらいだと思う。入学後6年で卒業し国家試験をパスして医師免許がもらえる この医師免許の資格を英語で言うとMedical Licenseである。 …

大学教授の収入はパッとしない

キミにツベコペとうるさいことを言う大学教官の収入を開業医の収入と比較してみよう。助手から教授(ここでいう教授は正教授、つまりFull Professorのこと)まで含めた大学教官の平均年収は4万3800ドルである。 4万5240ドルだったが、別のデータなので…

骨に住む三種類の細胞

血液中のカルシウム濃度はつねに一定に保たれており、このはたらきをカルシウム濃度のホメオスターシスと呼ぶが、ホメオスターシスに一役買っているのが骨の中の細胞である。骨には、溶かす細胞(破骨細胞)とつくる細胞(骨芽細胞)と居眠りしている細胞(…

骨折痕消失

骨は生きているので骨折部の骨代謝による改造は継続し、数年後には骨折の痕跡すらなくなることがある。痕跡消失は小児骨折でとくに早く、完全に消失がみとめられることも多い。骨折痕消失は、皮膚、血管を切って治った状況とおおいに異なる点である。皮膚な…

骨折修復のメカニズム

椅子の足や傘の骨が折れた場合、そのままにしておいてもそのうちに折れたところが元どおりにつながるということはありえない。しかし、人間の骨が折れた場合、なかでは骨がつながる。もう少し厳格に言うと、つながらないことと、つながりにくいこともあるも…

真の悪文は羊の皮をかぶっている

「わかりにくい文章」を書かねばならないのは、責任やコミットメントを回避したいからだ。しかし、こうした場合に複文すカタカナ用語を多用すると、すぐに批判の対象となる。「わかりにくい文章にしたい」という意図が、みえみえになってしまうからだ。だか…

悪文の代表選手(その2)逃げ水説明文

パソコンやそのソフトの使い方の説明にも、わかりにくいものが多い。 最大の理由は、文中に現れる専門用語の意味が定義されていなかったり、説明されていないことだ。 フォルダ、ショートカット、ロダオン・プロセス、ローカル・バス、ファイル転送プロトコ…

悪文の代表選手(そのI)「三読不可解」文

税法の条文の多くは、主語と述語の対応関係がすぐに読み取れない構造の複文にたっている。非常に読みにくい。「一読難解、二読誤解、三読不可解」と言われるゆえんだ。例えば、つぎの文章を見よ。 法人税法、第三五条の二 内国法人が、各事業年度においてそ…